文化芸術活動

清水町の昔し話を大型紙芝居で楽しもう

  • 文化芸術活動
  • 2016/02/27

清水町文化芸術活動促進事業

第105回 泉のまちカレッジ

清水町の昔し話を大型紙芝居で楽しもう

~23年間のトンボの目に学ぶ~

◇主催   清水町教育委員会

◇企画運営 特定非営利活動法人ウォーター・ビジョン

◇日時   平成20年6月14日(土) 夜7:00~8:30

◇お話   トンボの目の会員一同 鈴木恵美子、杉山郁代、斎藤美枝

山本喜代子、稲村清子、金刺久代、小野真理子

◇会場   清水町防災センター研修室 入場無料

大型紙芝居グループ「トンボの目」は、昭和59年清水町生涯学習事業の「紙芝居作り教室」で学んだ人々が中心となって昭和60年に発足しました。

設立の目的は、昭和59年に清水町教育委員会が発行した「清水町のむかしばなし」を広く町内の小さな子供達にも分かるように大型の紙芝居にして、貴重な清水町の昔話の伝承にお役に立ちたいと思ったからです。

主な活動は、春の「ちびっこ劇場」、夏の「湧水祭」、秋の「ふれあい広場」など清水町の大きな行事に参加するとともに、幼稚園や保育園、小、中学校、病院、特別養護老人ホーム等に出かけて公演しています。

こうした施設や幼稚園は、清水町内ばかりでなく近隣の市や町にも出かけています。

今までに、21制作した「大型紙芝居」は、清水町図書館で閲覧ができ、貸し出しも行なっています。

ご利用いただきたいと思います。

現在、7名で活動しています。活動を通じて清水町の景色の中に昔から連綿と続く、自然と人間の営みを感じています。

その思いを皆様にお伝えしたいと思っています。

主催/清水町教育委員会

企画運営/特定非営利活動法人ウォーター・ビジョン

問合せ/清水町教育委員会055-972-6678 ウォーター・ビジョン055-972-6112