文化芸術活動

医療、福祉にもっとユーモアを

  • 文化芸術活動
  • 2016/03/03

清水町文化芸術活動促進事業

<第122回泉のカレッジ>

『医療、福祉にもっとユーモアを』

~めんぼーくんのお笑い福祉士誕生物語~

◇主催    清水町教育委員会

◇企画運営  NPO法人ウォーター・ビジョン

◇日時    11月21日(土)午後7:00~8:30

◇お話    河合孝彦氏

◇会場    清水町地域交流センター研修室 参加費200円

河合孝彦さんは、44歳になる。浜松市で生まれ、現在、伊豆の国市にお住まいです。2009はばたく静岡国文祭PRパフォーマーストップ地球温暖化パフォーマンスコンテスト2006グランプリ受賞。熱川温泉お笑いコンテスト2008優勝。
日本福祉大学卒業後、海外協力NGO、知的障害者施設職員等を経て、福祉を志す原点となったアフリカで半年暮らす帰国後、精神科のソーシャルワーカーとなり、利用者の表現力の向上とコミュニケーションツールとしてパントマイムを導入したところ表現する楽しさを知り、パフォーマンス学、ダンスセラピー、インプロゲーム、プレイバックシアター、大道芸、芝居を学び、現在、女優の藤田弓子が座長を努める伊豆の国市の劇団「いず夢」の代表となりました。
また、ストレスケアトレーナーとして医療、教育、福祉の現場に緊張だけでなく、弛緩が必要であると「お笑い福祉士」としての活動も始めました。

主催/清水町教育委員会
企画運営/特定非営利活動法人ウォーター・ビジョン
問合せ/清水町教育委員会055-972-6678 ウォーター・ビジョン055-972-6112